TEL:06-6700-1374

HOME院長挨拶当院の特徴診療のご案内クリニック紹介アクセス

スポーツ整形外科

当院では、「日本整形外科学会認定 スポーツ医」、「日本体育協会公認 スポーツドクター」、「日本医師会認定 健康スポーツ医」がスポーツ障害の診断・治療・予防を、行っています。

スポーツ整形外科とは?

スポーツ整形外科は、スポーツ外傷や障害の治療を目的に、その病態の解明や最適な治療、診断を行う診療科です。

学生、社会人、年齢、男女を問わず、スポーツ選手やスポーツを始めようとする方を対象としています。骨、関節、筋肉など運動器の疾病で、特にスポーツに関した外傷や障害を取り扱います。

一般の整形外科疾患と異なるところがあり、早期復帰や再発防止の他、選手の方へのメンタル的な配慮などが重要となります。そのためスポーツ専門医による診療が望ましいとされています。
周知の通り、数多くのスポーツ種目があり、個人の技能や経験も実に様々です。
そのような方々の外傷や障害について、「日本整形外科学会認定 スポーツ医」、「日本体育協会公認 スポーツドクター」、「日本医師会認定 健康スポーツ医」である院長が、個々の患者様の症状をよく理解した上で、適切な診断や治療、運動器リハビリテーションを行い、早期の現場復帰への支援を致します。

また、クリニックだけでなく競技会場にも足を運び、選手のサポートや現地での治療も行っております。

骨折に対しては、骨の形成を促進させるLIPUS(低出力パルス超音波)を併用し、骨癒合期間の短縮を目指し治療致します。


スポーツ外傷とスポーツ障害の違い

スポーツ外傷とは

スポーツ外傷は、スポーツのプレー中に起こる突発性のケガを指します。 外傷の例では、転倒や衝突などによる、切り傷、擦り傷、骨折、脱臼、靱帯損傷(ねんざ)、肉ばなれ、腱断裂などがあります。

このようなケガをした場合はできるだけ早くスポーツを中止し、可能な範囲での応急処置を行った後すぐに最寄りの医療機関、できればスポーツ外傷の専門医がいる医療機関で診察を受けましょう。

一般の外傷とは異なり、最終的には1日でも早い、競技への復帰を考えて治療を行います。 また治療の一環として、理学療法士が運動器リハビリテーションを行います。

主なスポーツ外傷
打撲・骨折・脱臼・捻挫・切り傷・擦り傷・靭帯損傷・腱断裂・肉ばなれ など

スポーツ障害とは

スポーツ障害は、運動を繰り返すことで過度の負担が積み重なり痛みなど慢性的な症状が続くことを指します。症状は、繰り返しの動作や過剰な練習などで、徐々に悪化していきます。

当院では、スポーツ外傷と同様に、1日でも早い機能回復に向けて消炎鎮痛処置などの治療と理学療法士による運動器リハビリテーションを行います。


主なスポーツ障害
野球肩・野球肘・テニス肘・ゴルフ肘・半月板損傷・疲労骨折・腰痛・ジャンパー膝・オスグッド病 など

LIPUS:Low Intensity Pulsed Ultra Sound(低出力パルス超音波)

きわめて出力の弱い超音波を断続的に発振することで、骨折部位に音圧刺激を与え、骨の癒合を促進します。 痛みは全くありません。

ページの先頭へ